2014年06月11日

鴇鉱山跡地(小坂町)

 小坂町の鴇(ときと)地区はぶどうやワイン等で有名で、のんびり探検隊でも今までに紹介されています。→コチラ 
 昔、ここに鉱山があったというので行ってみました。鴇集落側からは道路事情により困難のようで、鹿角市十和田山根側から入っていきます。右の建物が十和田小学校山根分校(現在は閉校)、左が山根保育園(ここも閉園)です。この間の道を進んでいきます。
鴇鉱山跡地(小坂町)













 どこまでもまっすぐに続く道。話によると、ここにトロッコの軌道があったといいます。だからどこまでもまっすぐなんですね。そして数分後、道の右側に標柱が出てきました。(クリックすると画像が大きく鮮明になります)
鴇鉱山跡地(小坂町)鴇鉱山跡地(小坂町)













 江戸時代に発見され、明治末期にたいへん栄えたということです。さらに進んでいくと、突き当たりのようになり、看板出現!そして奥にはズリ山というのでしょうか。鉱物系の黒光りした小山がありました。
鴇鉱山跡地(小坂町)















 このズリ山に登ってみると、人為的にアポロ型(古い!)に成形された形のものが散乱していました。あるものは横になっていたり、あるものは山に半分埋まっていたり。大きさは40センチほど。何十もありました。どういうわけなのでしょう?
鴇鉱山跡地(小坂町)鴇鉱山跡地(小坂町)









鴇鉱山跡地(小坂町) ズリ山の後ろの杉林の中を数メートル上がったところにどどーんとそれはありました!れんが造りの大煙突です。15メートルくらいあるでしょうか。事情が分からなければ、山林の中になぜこんなものが!と誰しもびっくりすることでしょう。
 西洋の昔話に出てくる塔のようでもあります。てっぺんにお姫様が幽閉されているかもしれません。
 ご覧のように立ち入り禁止となっています。ロープ内に入ってはいけません。

 
 てっぺんは崩れかかっています。れんがが落下する恐れ大です。また、下部の焼却物入れ口?も崩れています。
鴇鉱山跡地(小坂町)鴇鉱山跡地(小坂町)







 
 
 全盛期には、大勢の人々が暮らし、学校も病院もあったといいます。看板には明治末期の写真がありました。現在、小鳥のさえずりのみがひびくこの山あいの谷間に、かつては人々の活気ある声が行き交っていたんですね。
鴇鉱山跡地(小坂町)











                

           
                            浦島次郎でした。


























 



同じカテゴリー(歴史)の記事画像
小坂町郷土館第一弾企画展!
オジナオバナ
冬の明治百年通り
鹿角の「とり」
縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟 大湯環状列石視察
祝! 花輪祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産登録へ
同じカテゴリー(歴史)の記事
 小坂町郷土館第一弾企画展! (2017-03-26 09:00)
 オジナオバナ (2017-03-14 09:30)
 冬の明治百年通り (2017-01-12 08:00)
 鹿角の「とり」 (2017-01-01 08:00)
 縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟 大湯環状列石視察 (2016-12-30 17:00)
 祝! 花輪祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産登録へ (2016-11-01 08:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 09:00│Comments(0)歴史
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
削除
鴇鉱山跡地(小坂町)
    コメント(0)