2016年04月26日

4月26日 鹿角の春 八幡平駅・史跡尾去沢鉱山

 4月26日、今日の桜は少し遠出して私のお気に入りの場所へ。

八幡平駅
八幡平駅の桜

八幡平駅の桜

 今は使われなくなった反対ホームにきれいに咲いています。
 盛岡方は見頃、大館方の駅舎前はこれから咲いてくるようです。
八幡平駅の桜

 線路にせり出す位、咲き誇っています。
八幡平駅の桜

 6時54分、大館行きの列車が来ました。
八幡平駅の桜
この時間は通常より長い3両編成。
高校生が10人近く乗り込んできました。いってらっしゃいface01

史跡尾去沢鉱山
史跡尾去沢鉱山の桜

史跡尾去沢鉱山の桜
産業遺産の鉱山風景と桜。そして除雪でよせた雪の山。

 花輪から坂を登ってくると、尾去沢中学校から沿道の桜は見頃ですが、史跡尾去沢鉱山は花輪の市街地より標高が高いので、連休中が見頃かと思われます。
史跡尾去沢鉱山の桜

 4月29日から5月8日まで、史跡尾去沢鉱山の春まつり。
 鉱太くんスタンプラリーや、5月5日 小学生限定で坑内探検に加えて鉱石割り体験が行われます。(限定20名)
 もちろん砂金採り体験もキラキラ

 連休中、こちらの2カ所に訪れてみませんか。

 桜と雪の回廊観光キャンペーン開催中。
 スタンプラリーのほか、写真投稿キャンペーンも楽しめますよ。撮影した写真をぜひ投稿して下さいね。
 引き続き鹿角の桜と八幡平の雪の回廊をお楽しみ下さい。


スーパーたんぽこまちでした。



同じカテゴリー(町の話題)の記事画像
Florist花まん
八郎太郎号、運行開始!
「八幡平ビジターセンター」オープン
湯都里(ゆとり)、オープン
JR駅からハイキング
毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」
同じカテゴリー(町の話題)の記事
 Florist花まん (2017-04-19 09:00)
 八郎太郎号、運行開始! (2017-04-15 08:00)
 「八幡平ビジターセンター」オープン (2017-04-11 08:00)
 湯都里(ゆとり)、オープン (2017-04-03 12:00)
 JR駅からハイキング (2017-03-28 09:10)
 毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」 (2017-03-23 09:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 12:00│Comments(4)町の話題四季
この記事へのコメント
八幡平駅の嘗ての旧ホーム側に、ソメイヨシノが植えられているんですね。八幡平駅って言うと昔、仙台からの直通急行「よねしろ」号が通っていた時ですか、八幡平駅は当時、急行停車駅でした。湯瀬(現 湯瀬温泉)駅から八幡平駅に着くまでの間かな、線路脇の湯瀬変電所を過ぎて、米代川の橋梁を渡り、小豆沢トンネルを抜けると、前方に鹿角盆地が見えて、右にカーブするとR282とR341のT字路付近にある、碇発電所の煉瓦が見えて、そこから当時、2列でコンクリート柱の単式、送電線が接近すると、花輪までもう少し。だなんていつも思いましたね。花輪線と並行していた記憶、色濃く残っています。大里と花輪の間で、米代川を跨いで、尾去沢に送電線が行っていました。確かその送電線は嘗ての尾去沢鉱山の給電線だった様です。今は、役目も終えて送電線は全部撤去されてしまいました。車で花輪に来る事しか用がなくなり、東北道の五の宮トンネルを過ぎて、鹿角八幡平ICまで、2kmの看板が見えると、ホッとしますね。(^-^)/
Posted by JG7MER / Ackee at 2016年04月26日 19:04
JG7MER / Ackee 様
 いつもコメントありがとうございます。
 湯瀬渓谷の桜もいいですね。
 湯瀬温泉駅、赤い鉄橋付近、そして八幡平駅と続く桜はこの季節だけのプレゼント。
 花輪線の県境・湯瀬から八幡平の四季の景色は一番好きなスポットです。

 仙台からの急行よねしろですか。私は陸中花輪と秋田を結ぶ列車のイメージなんですが、仙台から走っていた頃に乗ってみたかったですね。

【スーパーたんぽこまち】
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2016年04月27日 08:12
おはようございます。(^-^)/ 新幹線が出来る前は、東北各地には特急・急行列車が数多く存在していて、多層立て編成が当たり前でした。現在の東北新幹線の「やまびこ&こまち」「はやて&こまち」がひとつの例ですね。花輪線もそれに該当していました。「よねしろ&陸中」号がそれでした。仙台始発で、「陸中」号は朝一に出発、それに当時は「たざわ」「くりこま」の多層立ての一部でした。
釜石・山田線を回ります。午後の便で、「よねしろ」が仙台始発の際は、「むろね」「はやちね」の多層立て編成の一部でした。盛岡駅で「陸中」と併合して、花輪線に入り、大館経由で秋田に向かっていました。あの当時は、一ノ関駅と花巻駅で分割併合がありました。両駅で、盛行または釜石・宮古行の編成車輛を切り離し、替りにそちら方面からのに違う列車を差し替え併合するシステムです。奥羽線も同じです。青森-仙台・米沢の「千秋」号と羽後本荘-仙台・米沢の「もがみ」号も同じです。
こちらは、新庄駅でそれぞれ、仙台行と米沢行に再編成されて、目的地まで行っていました。話が逸れましたが、「よねしろ」号もその後運転区間縮小になり、秋田-宮古になりましたが、盛岡から陸中花輪(現 鹿角花輪)までの区間編成、秋田行と併合してありましたよ。いつも盛岡からの乗り換えの際には、そっちに必ず乗る拘りを持っていましたね。その後、急行「よねしろ」当時2往復だったのが、1往復が快速「八幡平」に替わり「よねしろ」が花輪と大館間が普通列車で大館から秋田まで急行に替わるシステムに替わりました。今は跡形も無くなりましたね。唯一、その名残として残っているのが、始発の大館行の朝一の便が、弘前から来る秋田行の快速電車。終発の鹿角花輪行の便が、それに接続する秋田からの快速電車に引き継がれています。あの頃の佳き日は段々と遠くになりにけりですね。(^-^)/
Posted by JG7MER / Ackee at 2016年04月27日 09:53
JG7MER / Ackee 様

陸中、むつ、きたかみ、しらゆきなど、小坂鉄道レールパークに掲示されている列車発車時刻表「国鉄への接続」にも書かれてますね。
多層立て編成は、今では「はやぶさ・こまち」「はやて・つばさ」の新幹線や、宇都宮線・高崎線などですが、昔は分割併合が当たり前だったんですね。

鹿角花輪から秋田まで、急行よねしろのスジで接続取られているのも花輪線利用者への配慮でしょうか。奥が深いです。
【スーパーたんぽこまち】
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2016年04月27日 16:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
削除
4月26日 鹿角の春 八幡平駅・史跡尾去沢鉱山
    コメント(4)