2015年03月26日

恩徳寺の地獄絵図

 雪解けがすすむ花輪の恩徳寺です。このお寺は、県の指定(昭和30年)重要文化財である鎌倉期の木造弥陀三尊(阿弥陀如来・勢至菩薩・観音菩薩)や、幕末の戊辰戦争戦没者のお墓等で有名ですが、今回紹介するのは、平成14年建立の位牌堂「三世堂」(左側)への入り口に設置された「地獄絵図」です。
恩徳寺の地獄絵図

 
 三途の川にかかる橋を渡ると、閻魔様が控えています。この横に掲げられているのが「地獄絵図」です。副住職の岩舘裕章さんにお話をうかがいました。
恩徳寺の地獄絵図


 人は亡くなった後、七日ごと七週間(四十九日)、菩薩様方によって極楽へと導かれていきますが、5人目の地蔵菩薩様が実は閻魔大王様でもあり、人は罪業の告白をしなければなりません。そこには、偽りを許さない鏡(中央やや左)や罪の重さを示すはかり(中央やや右下)があります。そして罪の重い者は地獄に落ちて鬼たちに荷責されるわけです。
恩徳寺の地獄絵図


 血の池に沈められたり(左上)、舌を抜かれたり(右上)、針の山で串刺しになったり(左下)、のこぎりで体をひかれたり(右下)、それはそれは苦しそうです。(クリックすると画像が大きく鮮明になります)
恩徳寺の地獄絵図恩徳寺の地獄絵図







恩徳寺の地獄絵図恩徳寺の地獄絵図

 

 

 


 
 お寺にある地獄絵図や幽霊の図等は、お盆やお彼岸に展示されることが多いのですが、恩徳寺では常時見ることができます。岩舘さんのお話では「悪いことをすればそれなりの罰を受けるのだ」という昔の人々の考えを、現代にも通じることとして感じてほしいという気持ちも込めて常設の形にしたということでした。
恩徳寺の地獄絵図


 どなたでも遠慮なくおいで下さいということでしたので、普段の自身の生活を振り返る意味でも見学に行ってはいかがでしょうか。予約等なしでも見学できます。
              
               曹洞宗 赤石山恩徳寺 にて 浦島次郎でした。



同じカテゴリー(文化)の記事画像
小坂町郷土館第一弾企画展!
オジナオバナ
運動しましょう!!そうしましょ!!
康楽館の舞台裏
冬の明治百年通り
鹿角の「とり」
同じカテゴリー(文化)の記事
 小坂町郷土館第一弾企画展! (2017-03-26 09:00)
 オジナオバナ (2017-03-14 09:30)
 運動しましょう!!そうしましょ!! (2017-01-25 15:48)
 康楽館の舞台裏 (2017-01-13 08:00)
 冬の明治百年通り (2017-01-12 08:00)
 鹿角の「とり」 (2017-01-01 08:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 09:00│Comments(2)文化
この記事へのコメント
花輪の恩徳寺の地獄絵図…すばらしいですね!私は小豆沢でしたので子供の頃に吉祥院の地獄絵図を見て育ちました。子供心に「悪いことをしたら地獄に行く…」と固く信じていました。70歳まで何とか悪いことをせずに生きてこられたのは小さい時に見た地獄絵図のおかげかも知れません。
Posted by 凧男 at 2015年03月28日 20:28
凧男様、コメントありがとうございます。私は毛馬内仁叟寺の幽霊図です。凧男さんもおっしゃるようにお寺にはそういう役割も必要ですよね。吉祥院の絵図も見てみたいです。
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2015年03月31日 11:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
削除
恩徳寺の地獄絵図
    コメント(2)