2015年01月31日

八幡平駅舎解体!

 1月28日の昼下がり、大里から小豆沢の大日堂を過ぎ、酒屋さんの角を右に入るとそこには八幡平駅が・・・・
八幡平駅舎解体!

 と思ったら、衝撃的な風景が!!
 何と、八幡平駅が解体されているではありませんか! 許可をもらって撮影です。2日後くらいにはきれいになくなるということです。
八幡平駅舎解体!

 話には聞いていたものの、いざ解体となると・・・・さびしいですね。
八幡平駅舎解体!

八幡平駅舎解体!

 ちょうど、そこに湯瀬温泉方面から列車がやってきました。降りてきたおばさんがホームから駅舎に入れず困っていたので、外への通り道を教えてあげました。
八幡平駅舎解体!

 取り壊されている駅舎の左となりにプレハブの臨時待合所がありました。工事中であっても列車は来ますものね。中に時刻表やいすがありました。
八幡平駅舎解体!

 工事現場で古い堅紙の切符を発見。日付けが2つ印字してあるので試し押しだったのでしょうか。はさみも入れてあります。国鉄時代の湯瀬駅から140円のもので昭和58年ですから、当時の料金体系を考えると陸中花輪までの切符であったでしょうか?
八幡平駅舎解体!


 昭和6年の開業以来、「小豆沢駅」「八幡平駅」と名を代えて多くの学生、通勤客、観光客を迎え、送ってきた駅舎。八幡平観光の玄関口としても大いににぎわっていたはずです。
 現駅舎もいつ建てられたのか分かりませんがかなり古いです。3月末には同様に新築された末広駅のようにこぎれいな待合所になるのでしょう。今まで本当に長い間、お疲れ様でしたという気持ちです。

                                浦島次郎でした。



同じカテゴリー(町の話題)の記事画像
Florist花まん
八郎太郎号、運行開始!
「八幡平ビジターセンター」オープン
湯都里(ゆとり)、オープン
JR駅からハイキング
毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」
同じカテゴリー(町の話題)の記事
 Florist花まん (2017-04-19 09:00)
 八郎太郎号、運行開始! (2017-04-15 08:00)
 「八幡平ビジターセンター」オープン (2017-04-11 08:00)
 湯都里(ゆとり)、オープン (2017-04-03 12:00)
 JR駅からハイキング (2017-03-28 09:10)
 毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」 (2017-03-23 09:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 09:00│Comments(2)町の話題
この記事へのコメント
…泣く…泣く…涙…涙…で、ございます。凧男の故郷の小豆澤駅舎が取り壊されて本当に淋しいです。凧男が故郷を出てから約50年ですから駅舎も取り壊される年齢だったのでしょうね…。戦後の復興期には多くの木材や鉱材が花輪線で首都圏に運ばれて行きました。八幡平が国立公園に指定され八幡平駅と改名されると多くの登山客が訪れました。そして、出稼ぎに行く農村の方々、集団就職する若者の旅立ち…多くのことを見届けた小豆澤駅舎でした。凧男が高校時代には小豆澤から東大館駅まで通学していました。大学時代の旅立ちも小豆澤駅でしたし帰郷するのも小豆澤駅でした。今夜は小豆澤駅が無くなったことを惜しんで日本酒を、しんみりと飲みます。
Posted by 凧男 at 2015年01月31日 18:02
凧男さん、コメントありがとうございます。心中お察し申し上げます・・。田山、兄畑、末広、十二所、大滝温泉、扇田と、皆、小さな待合所になりました。湯瀬温泉はいつまで残るでしょうか? 一方で、新屋新町に駅舎はもとより転車台、扇形車庫も残っているのは奇跡的です。維持管理が大変だとは思いますが、たくさんの人々の思い出の駅舎は残してほしいです。小坂駅のように生き返った例もありますから。
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2015年02月02日 13:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
削除
八幡平駅舎解体!
    コメント(2)