2014年12月19日

活火山・秋田焼山

 鹿角は冷凍庫の中にいるような寒い日が続いています。加えて全国で猛威を振るった爆弾低気圧のため、数日に亘って暴風雪も吹き荒れました。

 寒いときは、熱い話題をということで、やや強引ですが、鹿角と仙北に跨がる活火山・秋田焼山を紹介します。

 10月26日(2ヶ月も前の話題で申し訳ありません。)、秋田焼山の東の登山口、後生掛温泉から山頂を目指しました。
 
 温泉の渡り廊下を横切って裏手に抜けると、そこから登山道が始まります。
活火山・秋田焼山

 ところどころ、歩きやすいように木道が整備されています。
活火山・秋田焼山

 登山道の表土の下には、いつのものかは分かりませんが、火山灰が堆積しています。  
活火山・秋田焼山

 歩くこと約1時間半で毛せん峠が見えてきます。
活火山・秋田焼山

 広い斜面を小低木が覆っており、まさに毛せんを敷き詰めたようです。
活火山・秋田焼山

 峠を西に降りていくと秋田焼山の避難小屋が見えてきます。
活火山・秋田焼山

活火山・秋田焼山

 小屋は木造で中には入れません。相当荒れています。
活火山・秋田焼山

 山頂へのコースを逸れて、1997年に小規模な水蒸気噴火があった空沼方面に回ります。水蒸気が噴出しています。
活火山・秋田焼山

 火口の縁(外輪山)は火山灰で滑りやすく、注意して歩かなければなりません。
活火山・秋田焼山

 避難小屋まで戻って山頂を目指します。
活火山・秋田焼山

 鬼ヶ城(中央火口丘)の奇岩が見えます。その下には沼があります。
活火山・秋田焼山
活火山・秋田焼山

 谷に沿って進むと中央火口の湯沼が見えてきます。
活火山・秋田焼山

 ところどころで水蒸気があがっています。  
活火山・秋田焼山

 湯沼の全体像です。火口は約600mあるそうです。
活火山・秋田焼山

 登山道を上っていきます。
活火山・秋田焼山
 
 やがて名残峠に着くと眺望が開けます。
活火山・秋田焼山

 山頂まではもう一息です。
活火山・秋田焼山

 山頂は笹藪の中にあります。地味です。眺望も効きません。
活火山・秋田焼山

 しかし、山頂からほんの少し下ると、すばらしい眺望が広がります。
活火山・秋田焼山

 玉川方面の眺めです。
活火山・秋田焼山

 中央火口の外輪山の上の岩です。
活火山・秋田焼山

 帰りは同じ道を戻りました。
 途中、おもしろい木の下をくぐりました。豪雪に耐えた証でしょうか。
活火山・秋田焼山

 これから長い冬が待っています。寒がり屋の私は、秋の思い出を反芻しながら、まだ遠い雪解けを待ちたいと思います。

 ウォークマンでした。 




同じカテゴリー(自然)の記事画像
ゴールデンウィークは・・・
鹿角地域のお花見スポット!!
たまには外で昼ご飯もいいよね!
さくらにっき9
さくらにっき8
4月22日 雪の回廊
同じカテゴリー(自然)の記事
 ゴールデンウィークは・・・ (2017-04-28 19:00)
 鹿角地域のお花見スポット!! (2017-04-28 08:00)
 たまには外で昼ご飯もいいよね! (2017-04-27 18:00)
 さくらにっき9 (2017-04-25 18:15)
 さくらにっき8 (2017-04-24 17:00)
 4月22日 雪の回廊 (2017-04-24 13:30)

Posted by のんびり探検隊2 at 10:00│Comments(2)自然山・湖・滝etc
この記事へのコメント
 1枚、2枚写真を見ることはあっても、これほど大量に見せていただくと、思い出が次々によみがえります。若いころは、毎年一人で後生掛から玉川まで歩きました。画像をみていて、来年は行ってみたいと思いました。懐かしい景色をありがとうございます。
Posted by りんごおばさん at 2014年12月21日 10:56
りんごおばさん
コメントありがとうございます。こちらはすっかり雪化粧になりました。来年の雪解け、新緑、紅葉と楽しみにいらしてください。寒さは厳しいですが、冬期の山歩きイベントもございます。ご覧下さい。http://blog.goo.ne.jp/hatimantai
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2014年12月25日 09:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
削除
活火山・秋田焼山
    コメント(2)