2014年07月17日

井戸あげ

 7月初めのある朝早く。浦島次郎の住んでいる地区で、毎年恒例の井戸あげがありました。いったいいつから使用されてきたのか、コンクリートで固めたのは40年ほど前です。

 まずは、井戸のまわりを草取り。1年間の草がぼうぼうです。草むらの中から水路が出てきました。ドジョウやヨコエビがこんにちはです。
井戸あげ




 












  

 小型ポンプ2台を使って井戸内の水をホースでくみ上げます。最後には、鉄分を含んだ茶色い水が出てきます。
井戸あげ井戸あげ






 
 


 
 
 
 
 
 

 井戸の中にはしごをかけて、降りていき、ブラシで壁やパイプをきれいにそうじします。このパイプは各家々に地下で通じています。
井戸あげ






 
 
 

 



 


 



 

 3メートルほど下の底は鉄分がたまって茶色いです。底のわきから地下水がちょろちょろ出てきて、あっという間にたまっていきます。不思議ですね。この時期に井戸あげをすると水の出が良くなるそうです。3時間後くらいにはもう各家々で水が飲めます。(クリックすると画像が大きく鮮明になります)
井戸あげ井戸あげ
 




 

 

 



 てこ棒を使って井戸にコンクリート製のふたをして、みんなでお祈りをして御神酒をいただきます。昔は20軒も使っていたこの井戸ですが、どこの家も市の上水道を引くようになり、現在は5軒だけの利用となりました・・・。
井戸あげ





 

 

 



 


 


 



 コンクリートで固める前は、木製の四角い井戸で、屋根がかかり、水出口には洗い場があって主婦の皆さんの社交場となっていたということです。その後、大型電気ポンプで水圧をかけて、各家々の蛇口をひねると水が出るようになりましたが、昔はみんなここまで水をくみに来ていたそうです。
井戸あげ






 

 

 



 


 



 何と! この後の話し合いで、「利用する家も減ったし、高齢化も進んでいるので、現在稼働中のポンプが壊れたら、もう各家々での使用は止める。来年から井戸あげもしない。」と決まりました・・・・・ 長年、夏冷たく、冬温かい、おいしい水をいただいてきた浦島次郎もショックでした(涙) あと、何年この水を飲めるだろうなあ?

                           浦島次郎でした(涙)




同じカテゴリー(町の話題)の記事画像
Florist花まん
八郎太郎号、運行開始!
「八幡平ビジターセンター」オープン
湯都里(ゆとり)、オープン
JR駅からハイキング
毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」
同じカテゴリー(町の話題)の記事
 Florist花まん (2017-04-19 09:00)
 八郎太郎号、運行開始! (2017-04-15 08:00)
 「八幡平ビジターセンター」オープン (2017-04-11 08:00)
 湯都里(ゆとり)、オープン (2017-04-03 12:00)
 JR駅からハイキング (2017-03-28 09:10)
 毛馬内の旧商家「たぐちさんの家」 (2017-03-23 09:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 09:00│Comments(0)町の話題
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
削除
井戸あげ
    コメント(0)