2013年12月06日

鉱山城下町・鹿角花輪の歴史を感じる

 現在行われているJR東日本「駅からハイキング 鉱山城下町・鹿角花輪の歴史を感じる」で街歩きをしてきました。

 こちらのイベントは12月24日までの期間設定コース。しかも秋田DC期間で会員参加ポイントが3倍になります。
(初めての参加でも、すぐに会員手続きができます。)
 案内人はつきませんが、コースマップを持ってぶらりと楽しめます。


 スタートは鹿角花輪駅。受付は駅隣の「鹿角花輪駅前観光案内所」
鹿角花輪駅



 案内所で受付して、コースマップをいただいてスタート。

 八正寺稲荷神社に立ち寄って、3つの寺が集まる下堰向三ケ寺へ。
 屋根が特徴ある専正寺(浄土真宗本願寺派)
専正寺



 続いて「赤鳥居」
赤鳥居


組丁にある大きな赤い鳥居は、幸稲荷神社の参道の入口にある花輪を象徴するポイントです。

 この前を通って坂を登り桜山神社を参拝。
 戻ってすぐ、花輪図書館に隣接する「旧鹿角郡公会堂」。現在は民俗資料室になっています。
旧鹿角郡公会堂


大正5年に建てられた木造洋風建築のホールです。

 花輪の商店街を通ってスイートポテトでおなじみの「青の木」の前を左折して「幸稲荷神社御旅所」へ。
幸稲荷神社御旅所


8月19・20日の花輪ばやしを前に、8月16日に幸稲荷神社本社から町内を巡行して神輿が安置されるところです。

 そのまま細い通り(通称 寺小路)を歩いて「長年寺」「恩徳寺」へ。
長年寺



 再び通りに出て国登録有形文化財「旧関善酒店」へ。
旧関善酒店


あいにく定休日の木曜日で、中を見ることができませんでしたが、営業日は中にある骨董品などを見ることができます。
また、向かいは「花輪朝市」の場所で、3と8のつく日は市の散策もできます。

 道の駅かづのへ立ち寄って再び駅観光案内所へ。
 歩くだけでも2時間・約5kmの散策。建物をゆっくり観ると4時間くらいは花輪の歴史・名所楽しめます。


 受付は9時から12時まで。
 夕方16時30分までゴールできればいいので、花輪駅を出発する列車時刻に合わせて散策してはいかがですか。


スーパーたんぽこまちでした。



同じカテゴリー(歴史)の記事画像
小坂町郷土館第一弾企画展!
オジナオバナ
冬の明治百年通り
鹿角の「とり」
縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟 大湯環状列石視察
祝! 花輪祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産登録へ
同じカテゴリー(歴史)の記事
 小坂町郷土館第一弾企画展! (2017-03-26 09:00)
 オジナオバナ (2017-03-14 09:30)
 冬の明治百年通り (2017-01-12 08:00)
 鹿角の「とり」 (2017-01-01 08:00)
 縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟 大湯環状列石視察 (2016-12-30 17:00)
 祝! 花輪祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産登録へ (2016-11-01 08:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 09:00│Comments(2)歴史
この記事へのコメント
おぉ、駅からハイキング(≧∇≦)
聞いた事あります。歩いてる人、見たことあります。
駅からハイキングは、列車に乗らなくてもいいのですか?
内容を聞いた訳でなく、勝手に思ってたのですが、遠くから列車に乗ってきた人が観光の為、散策するものだと思っていましたが。違うのですか?
Hime(*σ_σ艸)も 受付けしたら、まわれるの? 近場でも車に頼る毎日‥‥‥見慣れた景色、この機会に歩いてみたいですねぇ。
Posted by Hime(*σ_σ艸) at 2013年12月06日 21:26
Hime(*σ_σ艸)様>
 駅からハイキング(駅ハイ)は、集合日時を決めて行われる「イベントコース」と、設定された期間の間に来て自由に歩く「期間設定コース」があります。
 鉄道を利用して参加していただくのを目的にしてますので、私が歩いた日も福島や神奈川から来た方もおりましたが、地元の人や車で来た方でも参加できますよ。駐車場はご自分で探していただくことになりますが・・・
 現在行われている鹿角花輪駅のコースは12月24日まで設定しておりますので、9時から12時まで駅案内所をスタートに参加してみてください。
 きっと別の花輪が見えてきますよ。
【スーパーたんぽこまち】
Posted by のんびり探検隊2のんびり探検隊2 at 2013年12月07日 15:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
削除
鉱山城下町・鹿角花輪の歴史を感じる
    コメント(2)