2013年09月10日

大森親山獅子大権現舞

今週末9月15日(日)、鹿角市尾去沢の八幡神社の祭礼で、珍しい神楽が奉納されます。

この神楽「大森親山獅子大権現舞」は、尾去沢鉱山発見の伝説に因む「大森親山獅子大権現御伝記」に由来し、文明13年(1481)頃に始まったとされています。

500年以上face08の歴史!

県の無形民俗文化財にも指定されています。

大森親山獅子大権現舞
 (写真は鹿角市のHPからお借りしました)

装束は白衣、白袴に烏帽子で、剣、扇、錫杖(しゃくじょう)、手桶、ひしゃく、幣束(へいそく)等を持ち、楽器はほら貝や太鼓、手平鉦(てびらかね)、横笛。

舞は約2時間、素舞(前舞)、本舞、米汲みの舞の順に行われます。

米汲みの舞は、獅子頭が旧暦元旦に若水を汲んで飲む様子を表したもので、県内他地域には見られない特異なものなのだそうです。

  お問合せ:鹿角市観光商工課 TEL:0186-30-0248


ししぃ






タグ :鹿角kazuno

同じカテゴリー(文化)の記事画像
小坂町郷土館第一弾企画展!
オジナオバナ
運動しましょう!!そうしましょ!!
康楽館の舞台裏
冬の明治百年通り
鹿角の「とり」
同じカテゴリー(文化)の記事
 小坂町郷土館第一弾企画展! (2017-03-26 09:00)
 オジナオバナ (2017-03-14 09:30)
 運動しましょう!!そうしましょ!! (2017-01-25 15:48)
 康楽館の舞台裏 (2017-01-13 08:00)
 冬の明治百年通り (2017-01-12 08:00)
 鹿角の「とり」 (2017-01-01 08:00)

Posted by のんびり探検隊2 at 10:00│Comments(0)文化
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
削除
大森親山獅子大権現舞
    コメント(0)