スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年05月14日

グリーンタフ

 十和田湖の素晴らしさは、雄大な景色や「乙女の像」だけではありません。
 十和田湖がカルデラ湖、しかも二重カルデラ湖としてわかりやすい湖で有名です。
 火山によって凹んだところに水を蓄えてできたため、その形跡を間近で確認することができます。

 十和田プリンスホテルがある大川岱地区には遊歩道があります。
十和田プリンスホテル
 12日に訪問した際には、まだ桜が咲いていました。
十和田プリンスホテル

 大川岱地区を含めた十和田湖西湖畔は、湖畔を散策できる遊歩道が5km以上あります。
 そのうち今回は鉛山地区へ。
 十和田ホテルの国道入り口付近に遊歩道の入り口があります。
 ここをちょっと下っていただくとすぐに湖畔に。
 桟橋付近からよどの岬方面の湖面です。
十和田湖西湖畔の湖面

 若干緑がかっているの、わかるでしょうか。


 風が強かったので湖面に波が立ってわかりにくいかもしれませんが、直上からみると、
十和田湖西湖畔の湖面
薄緑の湖底です。

 この一帯はグリーンタフ 緑色凝灰石が連なっています。地学的にも火山であったことがわかる景色を楽しめます。

 晴れた日で風が穏やかだと、空の青さと湖底の緑色がなんとも言えないコントラストになります。
 この景色は西湖畔だけのもの。

遊歩道の新緑

 今の季節だと、湖畔の新緑も鮮やかです。
 奥入瀬渓流の水と緑の鮮やかさも素敵ですが、十和田湖畔の素晴らしさを体験しに西湖畔へ足を運んで下さい。


スーパーたんぽこまちでした。
  


Posted by のんびり探検隊2 at 08:00Comments(4)自然山・湖・滝etc
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人