スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年02月09日

十和田湖ひめますが地域団体商標登録されました。

 十和田湖の名物「ひめます」がこのほど「十和田湖ひめます」で特許庁の地域団体商標に登録されました。
 この報告に十和田湖増殖漁業協同組合の皆様が来庁、齊藤振興局長を訪問しました。

十和田湖増殖漁業協同組合の皆様

 ひめますは、サケ科の淡水魚で十和田湖に生息しています。
 かつて魚が一匹も住まない湖であった十和田湖に、和井内貞行氏が何度も失敗を繰り返しながら養殖に成功し、十和田湖の魚として知られるようになりました。
 今では年間約15トンの漁獲量になっています。


 商標名は「十和田湖ひめます」。 平成25年8月30日に出願し、平成27年1月9日に登録されました。
 十和田湖ひめます 商標登録証

 小林代表理事組合長をはじめ組合員の皆さんの登録までの苦労や、地元の漁協の皆さんのひめますに対する熱い思いを齊藤局長にお話いただきました。
 局長からは、秋田県としても地元の熱意に応え、「十和田湖ひめます」を広く発信して十和田湖の活性化につなげていきたいと激励しました。
十和田湖増殖漁業協同組合の皆様


 ひめますが捕れる時期は生で流通することもありますが、その他は冷凍して販売されます。
 冷凍設備が整ったことから、こちらのように冷凍した状態で通信販売も行われます。
ひめます

 また、十和田湖畔や大湯温泉の宿泊施設での提供、鹿角市内の鮮魚店などでも販売される、地域の魚です。

 主な通信販売サイトをご紹介しますが、「十和田湖ひめます」で検索してみて下さいね。

東北の産直セレクトショップ「ハイネットショップ
全国の逸品をお届け「うまいもんドットコム


 漁ができる季節には、遊漁券を買って20匹まで釣ることもできるそうです。
 秋田県・青森県にまたがる十和田湖。
 新たな地域商標になった「十和田湖ひめます」を、これからもよろしくお願いします。


スーパーたんぽこまちでした。  


Posted by のんびり探検隊2 at 16:20Comments(2)食べ物町の話題地元の食材
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人